ニンジャがここまで進化した!カワサキZX

2039

海外向けのこのカワサキ4ストローク大型バイクは、欧州で「ZZR1400」、北米や東南アジアでは「ニンジャ ZX-14」と呼ばれ、今回新作モデルのZX-14Rは歴代のフラッグシップが受け継いできた「究極のエキサイトメント」と「懐の深い多様性」のコンビネーション、そして圧倒的なパワーと数々の快適装備を搭載し「地上で最速のモーターバイク」として発表された。今回新作のZX-14Rはストロークを4mm延長したことにより、2011年モデルよりエンジン排気量を89cc拡大、1441ccにまでなり、多くの箇所が変更・アップグレードされたがスタイルはそのイメージを崩していない。快適な乗り心地となんとも印象に残るそのデザインが、ニンジャと言われるからには私たち日本人としては是非乗りこなしたいバイクである。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ