タイの中央銀行、独自の仮想通貨を検討か?!

542
未定 詳細なし

タイの中央銀行であるタイ銀行が、中央銀行独自の法定デジタル通貨「CBDC」の発行を検討していることが、今月5日明らかになった。

今回の試みに際し、Veerathai Santiprabhob(ウィラタイ・サンティプラポップ)総裁は、シンガポールで開かれた「野村・インベストメント・フォーラム・アジア(NIFA)」で以下のように述べている。

デジタル通貨「CBDC」を使って「新たな銀行間取引のあり方」を築き上げる。決済にかかる時間とコストの削減が予想される。
早期にデジタル通貨「CBDC」を採用するというわけではないが、技術的な可能性については研究している。

一方で、ロシアのプーチン大統領は、法定デジタル通貨「CBDC」について、仮想通貨は「本質的に国境を越えるもの」だから独自の仮想通貨を持つことはできないと述べている。

なお、ノルウェーやスウェーデンの中央銀行もデジタル通貨「CBDC」の発行を検討しているそうだ。

 

参照元:COINTELEGRAPH

この記事をシェア
0 0
記事のタグ