フルカバードされた「何があっても倒れない」電動二輪車

3164
100万円 - 150万円詳細ページ

このところのシティコミュータ開発競争の過熱ぶり。なかでも電動二輪車および一輪車はジャイロスコープの搭載が必須になってきているような感もあります。

こちら、サンフランシスコのベイエリアに拠点を置くリットモーターズが開発中の「C-1」もそのひとつ。車体下部に電子制御ジャイロスコープを搭載。二輪車ながら、停止時はおろか接触事故に遭っても倒れません。

出力40キロワットの電気モーターは前後のホイールに内蔵。最高速度はなんと200km/hをたたき出します。
フル充電で25~35kmを走行可能。充電にかかる時間も6時間ということですから、フルカバードされたボディも含め、文字通り毎日の通勤の足として使えそうです。

リットモーターズでは、このC-1を2014年から発売する予定で、価格は日本円で100~130万円程度になりそうだということです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ