日本から入手可能な海外ブランドのバックパック10点を一挙紹介!

13023

通勤・通学用のバックパックを探している人は要チェック。米国人ライターのジェレミー・バーガーさんがセレクトした、海外ブランドのバックパック(とはいえ、日本で販売しているのも少なくありません!)10点をドドーンとご紹介します。

1.TOPO DESIGNS(トポ・デザインズ)の「Roll Top (ロールトップ)

サッカー日本代表のユニフォームを彷彿とさせる縦一本のラインはインパクト十分です。丈夫な素材のコーデュラ・ファブリックでつくられており、サイズは使いやすい29.4L。

gigamen_TOPO_DESIGNS_Roll_Top

 

2.SEAL LINE(シールライン)の「Urban Backpack (アーバンバックパック)

雨の心配をしたくないならコレ。開閉口がロールダウン式と独特なので、他の人との差別化を図るにはぴったりです。Amazon.co.jpから入手することも可能。

gigamen_SEAL_LINE_Urban_Backpack

 

3.TUMI(トゥミ)の「Diligence Backpack (ディリジェンスバックパック)

オーソドックスなデザインは、会社勤めの人に最適。44.5 x 32 x 13.25cmとコンパクトな一方、外装と内装のポケットが充実しているのはうれしい限りです。TUMIは日本版オンラインストアを開設しています。

gigamen_TUMI_Diligence_Backpack

 

4.Freight Baggage(フレイトバゲージ)の「Backpack Messenger Large (バックパックメッセンジャーラージ)

メッセンジャーばりに多くの物を積めるバックパックは、最も大きなサイズで54Lも入ります。職人が丹精込めてつくったバッグは、日本でも取り扱っている店舗があるとか。

gigamen_Freight_Baggage_Backpack_Messenger_Large

 

5.Rapha(ラファ)の「Backpack (バックパック)

人間工学に基づいたスマートなデザインは、サイクリングのお供にふさわしいと言えます。シューズやノートPCが収まるほどのサイズ。縦のラインが良いアクセントになっているバッグは、日本から注文できます。

gigamen_Rapha_Backpack

 

6.GORUCK(ゴーラック)の「SK16」

元米軍特殊部隊隊員が設立したブランドは、無骨な雰囲気、シンプル・イズ・ベストを好む人向け。ジーンズ、シャツ、ベルトを入れるといっぱいになる16Lサイズ。

gigamen_GORUCK-SK_16

 

7.HENTY(ヘンティ)の「WINGMAN (ウィングマン)

スーツが入るバックパックを探している方におすすめ。スーツがすっぽり入る袋に、数多くの小物が入れられる筒状のバッグを巻き、肩に掛ければOK。

gigamen_Henty_Wingman

 

8.IGNOBLE(イグノーブル)の「Della Sling Bag (デラスリングバッグ)

ブリーフケースとしても使えるバックパック。ノートPCといくつかの小物が入る程度の10Lサイズ。服の着替えが必要ない通勤、授業数が少ない日の通学にはうってつけです。

gigamen_Della_Sling_Bag

 

9.Lowepro(ロープロ)の「Flipside 300 (フリップサイド300)

写真家向けのバックパックはコンパクトながら、本格的なデジタル一眼レフカメラ、予備のレンズ、各種アクセサリーを収納可能。サイドポケットには小物、フロントのベルトで三脚も積めます。

gigamen_Lowepro_Flipside_300

 

10.Osprey(オスプレー)の「Packs Spin 22Daypack (パックススピン22ダイパック)

流線形のデザインとミサゴのロゴが目を引くバックパックは、ヘルメットアタッチメント、U字ロック、雨よけといった機能を備えている他、中のスリーブも充実しています。

gigamen_Osprey_Packs_Spin_22Daypack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ