アメリカで今後急成長する10の産業

2470
未定 詳細なし

2016年になってインターネットや最新技術の飛躍的な革新や、最新の技術によって
いままでメインで活躍していた産業が衰退し、そして新たな産業や技術が急速に伸びています。

ここではアマリカの調査機関がまとめた急速にのびている産業10業種について解説をしていきます。

  • 1 風力発電

風力発電といえば、化石燃料などの限りある資源を消費し、電力に返還しないのでとてもエコな発電の技術だと
考えらています。しかし、生成される発電量も地理的要因が非常に大きくあり、どこにおいても良いわけではなかったです。
特に風向きが一方方向から常に吹き続けているような環境に設置するのがベストでした。
しかし、2016年で注目されているのが全方向型の風力発電のプロペラの技術革新です。
プロペラが風の向きを検知し、そちらに向かって風を受け発電をするようです。
まるで夏のひまわりのようですね。またここ20年で発電効率が22%も向上したようです。エコな発電システムが
効率よく場所を選ばず設置が可能であればより人間の生活が向上するかと思いますね。

  • 2 太陽光発電

一時期よりもソーラーパネルの生産量は増えてはいませんが、風力発電同様に、発電効率が上がっています。
さらに、ソーラーパネルの一番のネックであった経年変化の劣化問題も、最新のソーラーパネルでは大幅改善されているようです。
アメリカのカリフォルニア州では太陽光発電関連メーカーの成長が目覚ましく注目されています。

  • 3 3Dプリンター

最新技術で一般人が直感的にすごいと思える注目の技術産業が3Dプリンターではないでしょうか?
アメリカでは71%の企業で商品開発時に金型を使わず3Dプリンターの機械を導入し、商品開発費の大幅カットと、
開発スピードが飛躍的に伸びているようです。
筆者も3Dプリンターの技術は金型の経費カットに非常に魅力を感じています。また成型する素材が鉄のように固い素材も
可能となれば、世界の物づくりや生産方式が大幅にかわるのではないかと思っています。

  • 4 マリファナの合法化

アメリカのお国柄なのか日本では考えにくですが、大麻の合法利用にも言及されています。
私個人も末期がんで痛みや不安に苦しむ患者の苦痛を取り除くツールとしては賛成ですが、
一時的な快楽の為の大麻使用は合法化してほしくないです。

  • 5 テレビゲーム

PS4やWIIUなどゲームは日本の文化とオリンピックの閉会式でも安倍首相がアピールして今更?と
思われるかもしれませんが、最近ではバーチャルリアリティーの技術が急速に伸び
今までの視覚からの情報の娯楽から5感を使った娯楽産業へと転換しています。
スマートフォンゲームと据え置きゲームの方向性がバーチャルリアリティーの技術により
さらなる住み分けがすすむと思われます。

  • 6 人工知能

最近話題になったのは、チェスの王者がロボットに負けてしまうなど人工知能の技術は一般の私たちの関心を集めています。
事実アメリカの有名理系大学での研究所が既存のテクノロジーの機関ととって変わっているそうです。

  • 7 建築技術(耐震化)

日本では考えられませんがアメリカは地震もすくなく、いがいと脆い建物がメインです。
しかし、建築構造の耐震化も2013年よりアメリカで法整備されてからかなりの成長をしているようです。
建物箱ものは大きなお金が動くので日本の最新技術でアメリカでのシャア拡大などねらっていただきたいですね。

  • 8 サイバー詐欺検出

インターネットの技術革新によっていままでなかった様々な詐欺が増えています。
クレジットカード情報などの情報を抜き取るなどがアメリカではカード社会ですので社会問題になっています。
だからこそカード大国アメリカではセキュリティーの技術が大変注目されています。
ここ5年でアメリカのネットセキュリティー会社の企業価値が12%も伸びていることからも裏付けられます。

  • 9 ドローン

ドローンといえば日本で一時期いたずらなどで社会問題となりました。
しかし今までは不可能とされた撮影角度からの動画撮影だけでなく、緊急災害時にも
人間の足では行くことができない場所への物資の輸送、はたまたアメリカではデリバリーにも
ドローンがつかえないかなどが話題となっています。
2022年ごろには現在想像できるドローンの利用のほとんどが実現可能といわれています。

  • 10 シリコン技術

太陽光電池のパネル作成にも必要であったっり、欠損した人体の補完など産業から医療まで
全ての分野にてシリコンの技術が中核となってきました。
環境意識の高まりとエレクトロにクスの技術革新が続く限りシリコン産業が衰退することはないと言われています。

以上2016年でアメリカで今注目されている産業の解説でした。
余談ですが、注目されている産業なだけあってここで紹介した産業はアメリカの株式市場でも注目され
株価が高騰しているそうです。いままでの産業があまり伸びしろない時代だからこそですね

参照元 http://www.lifehack.org/

この記事をシェア
0 0
記事のタグ