お腹の脂肪を激しく減らすのに役立つ12の食べ物

31543
未定 詳細なし

世の中にダイエット食品はたくさんありますが、実は普通にスーパーで手に入る食材のなかにも、脂肪を燃やすことが科学的に証明されたものが少なくありません。辛いカロリー制限に苦しむ前に、まずはこれらの食品を試してみてください。

1:ムール貝

ムール貝は脂肪が少なく高タンパクな食品。そのおかげで、より速く満腹中枢が刺激され、いつもよりカロリーをカットすることができます。貝類は食べにくいので、時間をかけた食事ができるのもメリット。

gigamen_12_fat_burning_foods01

2:アーモンド

良質な脂肪を大量にふくむうえ、豊富な食物繊維、タンパク質などもゲットできる優良食品。すばやくお腹をいっぱいにしてくれる効果があります。カロリーが高い印象もありますが、近ごろの研究により、いままでの表示よりも20%ほど低カロリーであることがわかりました。

3:かぼちゃ

かぼちゃには、消化を遅くし満腹感を持続させる食物繊維がたくさん詰まっています。シュガーフリーなかぼちゃの缶詰を使い、ホエイプロテイン、くるみ、シナモンなどと一緒にスムージーに入れると、優秀なダイエット食品に早変わりしてくれます。

4:ビーツ

ビーツにふくまれる硝酸には、血管を拡張して運動能力を高める作用があります。そのおかげでジムのトレーニングが楽しくなり、より大量のカロリーを燃やすことができるはず。

gigamen_12_fat_burning_foods02

5:アボカド

アボカドは世界一栄養価の高い果物で、コレステロールを下げる不飽和脂肪酸を多くふくんでいます。ある糖尿病の研究によると、この脂肪酸には内臓脂肪を減らす効果もあるとか。食物繊維が多いのも大きなメリットです。

6:チーズスティック

チーズスティックはタンパク質を豊富にふくんだ、手頃に持ち運べる最高のおやつです。少量の果物と一緒に、脂肪を減らすスナックとして使いましょう。

7:ケフィア

ケフィアには、プロテインと腸内細菌がとても豊富。99%ラクトースフリーなので、牛乳アレルギーの人にも問題なし。手早く食欲を減らしてくれる、非常に優秀なデザートです。

8:イワシ

スペインの研究によれば、イワシを週に3回食べると、体脂肪率を減らすレプチンというホルモンが分泌されることがわかりました。つねに冷蔵庫にイワシ缶を常備しておきましょう。

gigamen_12_fat_burning_foods03

9:グレープフルーツ

ダイエット専門の学術誌が行った研究によると、毎食ごとにグレープフルーツを半分食べるだけで、大きく脂肪が減ることがわかりました。水溶性食物繊維が豊富なので、白い皮の部分も食べるようにしましょう。

10:プルーン

プルーンには、大量の水溶性食物繊維がふくまれているため、血糖値が適正なレベルにコントロールされ、すぐに満腹感を得ることができます。強力な抗酸化成分であるアントシアニンも豊富で、アンチエイジングにも役立ってくれます。

11:冷たいじゃがいも

茹でたじゃがいもを冷やすと、難消化性でんぷんの量が増えるため、インスリンの反応が改善され、手っ取り早く食欲を減らすことができます。

12:キャノーラ油

キャノーラ油は多価飽和脂肪酸の一種。スウェーデンのウプサラ大学が2014年に行った研究では、多価不飽和脂肪酸をとると、脂肪の吸収が抑えられ筋肉がつくことがわかりました。

gigamen_12_fat_burning_foods04

この記事をシェア
0 0
記事のタグ