新型「カローラハッチバック」ニューヨーク国際自動車ショーで初披露

1454
未定 詳細なし

3月30日から4月8日まで開催されるニューヨーク国際自動車ショーにおいて、新型「カローラハッチバック」日を初披露します。欧州仕様の同型車オーリスはすでにジュネーブにて発表されており、日本では、2018年初夏から販売を開始する予定となっています。

2.0L ダイナミックフォースエンジンとダイレクトシフト-CVTを搭載

新型カローラハッチバックのエクステリアは、「シューティングロバスト」をデザインコンセプトに、進化した「キーンルック」やJ字形状に光るBi-Beam LEDの採用などにより、スポーティさに磨きをかけ、インテリアでは、シンプルかつ上質なデザインのインパネと新開発のスポーツシートなどを採用。走行性能については、低くワイドなTNGAプラットフォームや新型パワートレーンの直噴2.0L ダイナミックフォースエンジンや世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機、ダイレクトシフト-CVT、6速MTにより、走りの基本性能や環境性能を大幅に向上させています。

安全装備と車載コネクティッド機能も充実

また、安全装備の「Toyota Safety Sense」には、車両に加えて、歩行者検知(昼間・夜間)・自転車検知(昼間)を行い衝突回避支援または被害軽減を図る「プリクラッシュセーフティ」、車線維持に必要な運転操作の支援を行う「レーントレーシングアシスト(LTA)」、そして道路標識の見落としを減らし、安全運転を促す「ロードサインアシスト(RSA)」など、機能が向上または追加されています。

そのほか、米国で展開するマルチメディアシステム「Entune 3.0 Audio」とタッチ操作が可能な8インチスクリーンを標準搭載することで、マルチメディア&コネクティッド機能を拡充しています。

欧州仕様のオーリスでは1.8Lに加え2.0Lのハイブリッドを搭載、1.2Lターボと合わせ、米国仕様の「カローラハッチバック」とは、パワーユニットに大きな差をつけています。日本仕様にはハイブリッドが搭載されるでしょうが、2.0L ダイナミックフォースエンジンもぜひ導入されることを期待しましょう。

参照元:TOYOTA

この記事をシェア
0 0
記事のタグ