“919トリビュート”ツアー、今度はニュルで新記録を達成!

3148
未定 詳細なし

ポルシェは“919トリビュート”ツアーの一環として行われたタイムアタックにおいて、6月29日もドイツ・ニュルブルクリンクの北コース“ノルドシュライフェ”でポルシェ919ハイブリッドEvoによって、5分19秒546というタイムをたたき出し、4月のベルギーのスパ・フランコルシャンに続いて新記録を達成した。

今回は、“世界一過酷なコース”ノルドシュライフェでのレコードタイムは、35年前にグループCカーのポルシェ956によって記録された6分11秒13ととされてきました。そして、ポルシェは「919ハイブリッドEvo」を作り上げ、29日、予定どおりにタイムアタックが行われ、ベルンハルトが駆る「ポルシェ919ハイブリッド」は従来のレコードを50秒以上短縮する5分19秒546という驚異的なタイムをマークしたのだ。

特別なタイムアタック専用マシン

このタイムアタックに使用される「ポルシェ919ハイブリッドEvo」は、2018年シーズン用に計画されていたマシンをもとに、「もし、あらゆるレギュレーションから解放されたなら、どこまで速くなるか?」という技術者の夢思いが実現させたマシン。フロント・ディフューザーとリア・ウィングは大型化され、可変エアロダイナミクスも搭載するなど、空力性能も強化されている。これらの改造により、WECのレギュレーションに沿ったレーシングカーよりも、53%もダウンフォースが増大している。そして、ベースWECマシンの500hpから720hpへ、電気モーターの出力400hpから440hpに向上されているのだ

参照元:PORSCHE

この記事をシェア
0 0
記事のタグ