アウディ、アウトユニオン・タイプCとワンダラー・ストリームライン・スペシャルをグッドウッドに出走!

614
未定 詳細なし

 

7月12日~15日に開催される世界最大のヒストリック モータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、アウディの前身であるアウトウニオンが誇るレーシングカーが、グッドウッドの25周年を祝うことになります。

その記念すべきイベントに、今年アウディ・トラディションは、1936年製アウトウニオン・タイプCと、1939年製ヴァンダラー・ストリームライン・スペシャルという、シルバーに輝くレーシングカー2台をエントリーリストに載せました。

グッドウッドの観衆にとって、アウトウニオン・タイプCはおなじみのモデルであり、ドライバーの背後にミドマウントされるV型16気筒エンジンは、340km/hという途方もない最高速に到達したことで知られています。

今年アウトウニオン・タイプCのステアリングを握るのは、ハンス・ヨアヒム・シュトゥックであり、1930年代、シュトックの父ハンスはアウトウニオンチームのメンバーであり、ヒルクライムレースみおいて無敵を誇った名ドライバーでした。なお、彼はシルバーアローをドライブするときには必ず、父が実際に使っていたレーシンググローブとゴーグルを身に着けています。

今年はヴァンダラーも登場

アウディ・トラディションがイベントの25周年に向けて送り込むもう1台は、グッドウッドで初披露される「ヴァンダラー・ストリームライン・スペシャル」です。80年前、アウトウニオンAGは、当時世界でもっとも過酷と言われたリエージュ-ローマ・ラリーを戦い、全行程は4000km超、約100時間のレースにおいて1939年には出走した51台のうち21台のみが完走という厳しい結果となりました。そして、既述の3台のヴァンダラーのレースカーは、すべてこの21台のうちに含まれ、ワークスチームにとってもっとも重要な賞であったブランド・ランキングを獲得しています。

参照元:Audi MediaCenter

この記事をシェア
0 0
記事のタグ