ネクタイピンで快適! 三千円台のワイヤレスイヤホンを買ってみた

540

安価なワイヤレスイヤホンを買いたいけれど、オンラインショップや実店舗に並んでいる商品のどれを選べばいいのか悩んでいる人は必見。筆者は先日、近所のCDショップでCDと一緒に『ビーレボル(Brevol)』というワイヤレスイヤホンも購入したので、その使い心地をレポートします。

コードに付いたリモコンは首の後ろで固定すべき。

『ビーレボル』を使うには、まずmicroUSBポートのカバーを正しく外し、USBケーブルのmicroUSBプラグを接続してある程度充電し、ケーブルを抜いてからスマホなどとのペアリングを行います。設定の順序は箱の裏に書いてあります。イヤホンからは「パワー、オン」「ペアリング、コネクション」と音声が流れるので、イヤホンを付けながら作業するとよいでしょう。

私が思う『ビーレボル』の弱点は、歩きながら着用していると、イヤホンが耳から外れがちになること。しかし、この問題はネクタイピンで解決できます。首の後ろに手を伸ばし、服に留めるだけ。イヤホンのコードに付いているリモコン(電源や音量調節などのボタンがある)が顔の近くにあると音が途切れることがありますが、首の後ろで固定すると、音の途切れは解消されます。

音へのこだわりがあまりないなら、音質は十分。

『ビーレボル』の使い心地は、ネクタイピンを付ければ、まずまず満足できるものでした。イヤホンの長いコードの引っかかり・こんがらかりから解放されるのは、やはり嬉しいものです。ワイヤレスの音質は、スマホなどに入っている曲の音質次第とはいえ、音へのこだわりがそれほどない筆者には十分でした。もちろん店頭販売価格が3000円台であることも考慮すべきでしょう。

参照元:Amazon

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ