世界に一台だけの「ランボルギーニ・ガヤルド・コンセプトS」がオークションに登場

2513
未定 詳細なし

大手オークション会社「RM Sotheby’s」は、11月18日にコレクター向けのオークションを米マンハッタンで行うことを発表しました。厳選したモデル30台が出品される今回のオークションですが、中でも最大の注目は、世界に1台しかない2006年製の「ランボルギーニ・ガヤルド・コンセプトS」です。

gigamen_2006_Lamborghini_Concept_S_01

走行可能なコンセプトカー

このランボルギーニ・ガヤルド・コンセプトSは、メーカーが製作した走行可能なコンセプトカーで、001番のシャシー番号となっています。2005年の「ジュネーブモーターショー」でとして発表され、その“究極のガヤルドスパイダー”のデザインに世界中の注目が集まり、多くのミニチュアモデルが発売されています。

その後、米モントレーで開催される「コンコルソ・イタリアーノ」で自走可能なモデルが出品された際には、台数限定で発売されるとされていました。

程度は極上の新古車

しかし、手間やコストの関係から生産は中止となり、走行可能なモデルはこの1台のみ。走行距離はテストと「コンクールデレガンス」での移動程度しか走行していないため180kmと非常に少なく、言わば新古車みたいなものです。

gigamen_2006_Lamborghini_Concept_S_02

約2億9300万円~3億6600万円の価値を見いだせる人は手を挙げよう

RM Sotheby’sのオークションは、コレクターズアイテムとなるような極上車のみを出品するもので、しかも、背景や履歴までもが商品価値となる様な車だけが取り扱われるために予想落札額も高額。

上記の履歴を踏まえた上でのこのランボルギーニ・ガヤルド・コンセプトSの予想落札価格は、240万ドル-300万ドル(日本円で約2億9300万円~3億6600万円)とされています。

参照元:uncrate, RM Auctions

この記事をシェア
0 0
記事のタグ