かつてないスピードを誇るAirMac Extreme

1183

さて、Appleの開発者向けイベントWWDC(WorldWide Developers Conference)。その中の基調講演「Apple Special Event」で発表された中からもう1点。家やオフィスの必需品であるApple純正の無線LANルータの「AirMac Extreme (エアマック・エクストリーム)」(海外ではAirPortの名称)を紹介させていただく。

これは別名「本当に誰でもつなげるLANルータ」と言ってもいいAirMacの現段階において究極の形となった。純正だけにApple製品をつなぐことに特化されており、設定アシスタントを手順に従えば驚くほどに簡単にWi-Fiネットワークに接続できるのが最大の特徴なのは言うまでもない。デザインは縦に長くなったが、ボディカラーはおなじみスノーホワイトだ。

だがこの便利さゆえに、重要なポイントである「速度」に関しては残念さが常にあった。直球で言ってしまうとちょい「遅かった」。ゆえに、うちのマシンはMacだから…というだけでなんとなく使っていた人も多いかもしれない。これまた「個人の感想です」だ。

だがここでもここでも「やればできる子」っぷりを発揮しだしたようだ。AirMac Extremeは、802.11ac Wi‑Fiを搭載。使用端末の帯域が2.4GHzか5GHzのどちらでも最速の帯域につなげてくれる。その早さは最大で3倍に達するので、その速度感たるや、もう遅いとか、電波がか細いとか言わせない。

ところでAirMacと言えば…かなり前だが、うっかりして設定を忘れていたために、家の前を地味にホットスポットにしてしまってた苦い思い出がある。だがこのAirMac Extremeは個別にインターネットのみにアクセス可能なネットワークをつくれるので、遊びに来てくれたゲストにも安心して使ってもらえそうだ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ