「2016シボレーカマロSS」は455HPの​​V8・6.2Lエンジンを搭載

4128
未定 詳細なし

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドが5月16日、デトロイトで初公開した「2016カマロ」には、ダウンサイジングされた2.0リッター直列4気筒直噴ターボが搭載されたことに話題を集めたが、トップグレードとして、6.2L・V8エンジンの「SS」が継続設定されている。

gigamen_2016_Chevrolet_Camaro01

V型8気筒エンジンは455hp、バンザイ!

新型のSSは、最大出力455hp/6000rpm、最大トルク62.9kgm/4400rpmとなり、歴代の「カマロSS」で、最もパワフルなモデル。

6.2リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジンは、コルベット用をベースにしながら、新開発の「トリプルY型」エグゾーストマニホールドなど、部品のおよそ20%を新型カマロ用に新設計しているという。

gigamen_2016_Chevrolet_Camaro02

最も低燃費な「カマロ」より最もパワフルな「カマロ」がいい

新開発の2.0リッター直列4気筒直噴ターボも優れたパフォーマンスと、低燃費を両立させたパワーユニットだが、誇張されたエンジン音がスピーカーから聞こえる仕掛けで胡麻化されても納得はしないユーザーもいるだろう。

無駄な燃料消費を防ぐ「アクティブ・フューエル・マネジメント」機構が新たに採用された3.6リッター自然吸気V型6気筒直噴エンジンという選択肢もある。

しかし、エコ・ブーストの「マスタング」よりV8の「マスタングGT」であるように、V8の「カマロSS」こそ真の「カマロ」であることは間違いない。史上最もパワフルという看板も心を揺るがせる。最も低燃費と呼ばれるよりずっと。この秋、ショールームにお目見えする予定です。

参照元:Carscoops

この記事をシェア
0 0
記事のタグ