面接時にやってはいけないNG集トップ7

2174
未定 詳細なし

せっかく面接までこぎつけたが、面接で不採用になった経験はありますか?ここでは、面接時にやってはいけないNG集トップ7を紹介します。よくある事例をあらかじめ知っておいて、大事な本番で失敗してしまわないよう備えておきましょう。

7位 服装

面接では身だしなみ、服装はとても重要です。第一印象は面接結果に繋がると言っても過言ではありません。特に忘れがちなのが、靴です。面接前に靴が汚れていないかチェックしてください。面接官は意外とあなたの足元まで見ていますよ。

gigamen_Job_Interview_Mistakes02

6位 嘘

履歴書に嘘を書き込む事はタブーです。今のデジタル社会では、嘘をついても新しい雇用者が発見するのは時間の問題です。確かに、面接で自分を少しでもよく見せるために、これまでの経験を嘘で誇張したくなるものですが、ありのままの自分をアピールするのが一番です。

5位 前職への不満

誰でもネガティブな事を聞きたくはありません。ましては前職の不満を言う事は、これから雇う身になる面接官も一緒に仕事をするのに困難な人だという印象を与えます。

4位 喋り過ぎる

面接では自分をアピールしたい気持ちが高まってあれこれと喋りすぎてしまう場合があります。しかし、これは面接ではNGとされています。簡潔に無駄なく答えるのが理想です。

gigamen_Job_Interview_Mistakes01

3位 企業について未知

面接時に応募先の企業についての勉強不足が露呈してしまうと、せっかく第一印象が良くても全て無駄になってしまいます。事前のリサーチはしっかりとしておきましょう。

2位 時計を見みる

腕時計をチラチラ見るのは、早く終わらせてほしいという無言の圧力です。他の約束がそんなに気になるのか、と面接官を不快にさせてしまいます。

1位 遅刻

遅刻する時点で、かなりのマイナスを負うことになり ます。場合によっては面接を受け付けてくれないこともあるので、何が何でも遅刻は禁物です。

gigamen_Job_Interview_Mistakes03

就職や転職の成功の重要なカギを握る面接。致命的なミスを犯さないように、これらと同じ過ちを繰り返さないように、しっかりチェックしていきたい。

参照元:askmen

この記事をシェア
0 0
記事のタグ