盗難注意!あのランエボの新モデル登場!

3270

ランサー・エボリューションは1973年に発売された「三菱・ランサー」シリーズのスポーツタイプ。2000ccのハイパワーターボエンジンでスポーティーな走りを体感できる三菱自動車の看板車です。かつてはWRC(世界ラリー選手権)にも参戦し、世界に理想の翼を広げました。ランサー・エボリューションの人気は国内外で絶大なものがあり、盗難の多い車としても知られています。

国内外のランエボマニアが注目する中、ツインシティズオートショーで公開されたのが「311RS」です。ランサーエボリューションXをベースによりスポーティな走りを運転者に体感させるべく進化を遂げました。製造にあたってはレーサーのライアン・ゲイツが参加し、アドバイスしています。AMS社製エアインテークなどを搭載し、スポーティでカッコ良いランサー・エボリューションが完成しました。

ランエボマニアたちが注目する311RSは、わずか11台の限定生産の予定です。購入競争が巻き起こる事は言うまでもありません。盗みは止めて下さい。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ