「100km/hまで3.35秒もかかるなんて遅すぎる!」そんな方に朗報!620万円ほどプラスするだけで、あと0.35秒短縮できます。

1150

フェラーリはニューモデル「458 スペチアーレ (458 Speciale)」をフランクルトモーターショーで発表した。「458 イタリア」の性能を引き上げた究極のV8フェラーリだ。最近のフェラーリはシンプルなネーミングを好むらしく、英語の「スペシャル」を意味するイタリア語がそのままサブネームとなった。ポイントは、エンジンの出力アップ、軽量化、エアロダイナミクス、そしてもちろんハイテク電子制御デバイスだ。

458 スペチアーレは、フェラーリのフィオラーノ・テストコースで、1分23秒5というラップタイムを記録したそうで、12気筒エンジンのフラッグシップ「F12 ベルリネッタ」より0.5秒遅いだけである。0-100km/hまでジャスト3秒となっていて、つまりは、すごく速いというわけだ。458 スペチアーレの価格は3,450万円程度である。

458 イタリア(458 Italia)

4,495cc、90度V型8気筒、最高出力425kW(597PS) / 9,000rpm、最大トルク540Nm。0-100km/hまでの加速は3.35秒、最高速度325km/h。2,830万円で好評発売中。

gigamen_458_italia

 

F12 ベルリネッタ (Berlinetta)

6,262cc、65度V型12気筒、最高出力545kW(740PS) / 8,250rpm、最大トルク690Nm。0-100km/hまでの加速は3.1秒、最高速度340km/h。3,590万円で絶賛発売中だ。

フェラーリ史上最もパワフルで高性能なモデルである。

gigamen_F12_berlinetta

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ