5つのお金をかけずに従業員をやる気にするコツ!

1023
未定 詳細なし

従業員にもっと仕事をしてほしいと頼んだ時に、従業員はほぼ必ずと言っていいほど、賃金を上げて欲しい、ボーナスを出して欲しい、待遇をよくしてほしいと要求するでしょう。しかし、お金というものは限られています。毎回お金をあげるということは不可能です。そこで、このお金を使わずに従業員のやる気を上げる方法を今回ご紹介したいと思います!

何か良いアイディアを持っていますか?

・言葉が強力なやる気アップにつながる

シンプルですが、この方法は外せません。小さい頃、何かを成し遂げた時親から褒められた時の嬉しさは皆さん覚えていると思います。これは大人になっても変わりません。何かを成し遂げた時は精一杯みんなで賞賛しましょう。

1.評価する

従業員の給料がアップする時、従業員の仕事量、もしくは評価に比例します。この評価をする時、多くの会社は結果にしか目を向けません。これが大きな間違いです。結果は確かに大事です。しかし、必ずしも結果が出るとは限りません。その過程が非常に大事です。この過程を大事にしてあげることによって従業員のやる気はガラリと変わります。プロジェクトを成功させるために、時間外にも関わらず仕事を頑張っている。いつも汗だくになって頑張っている。こういう過程を評価して上げましょう。その後のやる気がアップし、成功する可能性はグッと高くなります。

2.Motivational  Speakers(意欲を上げてくれる講演者)を呼ぶ

たまに講演者を呼んで、従業員に話をしてもらいましょう。彼らはやる気を上げる術を知っています。非日常的な話を聞くことによって、従業員のやる気をアップさせることが可能です。

3.スケジュール

スケジュールでどうやってやる気を上げるのか。それは自由な仕事時間の選択を従業員に与えることです。現在多くの企業が採用しています。この自由な仕事時間は一見そんなに重要そうでないですが、実は重要です。というのも会社以外の私生活が充実すれば、仕事にもやる気が出るからです。

4.公表する

何か目標を達成した時、よく会社内で発表して、賞賛することはあっても、社会に出ることはありません。しかし、そうではなくもっと一般の人に向けて発信して、より多くの人に褒めてもらってもいいと思います。賞賛してくれる人が多ければ多いほど、従業員のやる気も上がっています。

 

5.仕事環境をよくする

これはお金をかけて、施設を充実するということではなく、働いている人をもう一度注意深く見てみて下さい。中には働きたくなさそうな人がいると思います。簡単なことではありませんが、そういった人を仕事環境から取り除くことによって、会社全体の指揮が上がることがあります。

以上が「5つのお金をかけずに従業員をやる気にするコツ!」

お金をかけるのは簡単ですが、お金をかけないで従業員のやる気を上げて、仕事の効率を増やすことが一番ですよね!ぜひ実践してみて下さい!

参照元:Lifehack

 

 

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ