お腹の脂肪に苦しんでいませんか? お腹周りを小さくする5つの方法とは!?

983
未定 詳細なし

お腹の脂肪を無くすのは、とても難しいですよね・・・そして、多くの皮下脂肪を持つことは不健康でもあります。心臓病や糖尿病をも引き起こしてしまうことがあります。正しい運動と食事、そして知識が揃っていれば、確実にお腹の贅肉は減っていきます。ここでは、お腹の脂肪を減らすための5の秘訣を紹介します。

1. 低脂肪ダイエットをしない

お腹の脂肪を減らすには、特に一価不飽和脂肪酸[MUFA]を摂取することです。この代表としてはオレイン酸があげられます。多く含まれる物としては、オリーブ油が有名です。炭水化物を減らしてその分のカロリーをMUFAで補う食事は、食後の血糖値と中性脂肪を低く抑えることが出来ます。ある研究結果では、1ヶ月間、高MUFA食に切り替えた女性は、お腹の脂肪の3分の1を失ったとの報告もあります。

2. スナックは野菜と果物

野菜や果物はたくさんのビタミンやミネラルを含み、私たちの健康な身体作りをサポートしてくれます。お腹の脂肪を減らしたいなら、スナック菓子の代わりに野菜や果物をおやつに食べましょう。

3. ゼロカロリー飲料は飲まない

米国糖尿病学会で発表されたテキサス大学サンアントニオ健康科学センターによる研究結果によれば、約9年半の追跡調査によってダイエット飲料を飲用していた人と飲用していなかった人では、ダイエット飲料を飲用していた人の方が、ウエストサイズ、体重ともに増加するデータが出たと報告されています。また、ダイエット飲料は余計に食欲を増進してしまいます。合成甘味料は栄養素が含まれていないため空腹感を満たせず、空腹時にダイエット飲料を摂取すると、空腹感を満たさなければならないと体が感じてしまうため、余計に脂質やたんぱく質を欲するようになってしまうのです。

4. カラフルな食事を

鮮やかな色の果実や野菜はコルチゾールを減少させるビタミンCが豊富に含まれています。最近の研究結果ではは、赤色、オレンジ色、黄色の農産物を食べる人のウエストは比較的に細いともあります。

5. 有酸素運動

お腹の脂肪をなくすのに運動は欠かせません。そして、一番汗をかく運動方法を選ぶことです。筋肉トレーニングも効果的です。ウォーキングでも、ダンス、バイクエクササイズでも、自分の好きな有酸素運動の間に60秒のスクワットや腕立て伏せのような一連の動きを試すとさらに効果的です。

お腹の脂肪は、一番最初に脂肪がつく部分であり、ダイエットする場合は一番最後に落ちていくやっかいな部分ですね。ダイエットしてもお腹の脂肪だけがなかなか落ちない。このような経験は誰でもあると思います。これを解決するための秘訣を知った今、実行すべきです。

参照URL:FOX NEWS Health

この記事をシェア
0 0
記事のタグ