超激薄!厚さたった4mmで55型のテレビを実現!!

1955

一時期は、液晶テレビの大流行にともない、生産が盛んになり、各メーカーは新工場の設立、雇用の拡大。この不況と言われる時代にあって、かなり明るい話だったことは、記憶に新しいことだろう。しかし、ブームというものは去っていくもので、おおよそ一般の家庭に普及してしまった今、もう消費者は、そんなに欲しがらなくなってしまった。すでに、32型のハイビジョンテレビでさえ2万円を割る。テレビはまたも、大きな岐路に立たされていると言っていいだろう。

先日ラスベガスで開催された国際家電ショー(CES2012)にて、韓国のLGは有機ELディスプレイを採用した物では世界最大となる、55型のテレビ「55インチOLED TV」を発表した。有機ELのテレビは、すでにソニーが商品化して販売しているが、11型とサイズは小さい。じつに5倍もの大きさだ。
ただデカイだけかと言うなかれ。この55インチ OLED TVは、なんと厚さが4mmしかない。そして重量も7.5kgと軽い。これだけの製品特性があるなら、まるで壁掛け時計のように扱うことができるだろう。どこででも好きな場所に、移動も楽チン♪だ。

テレビの大型化がある程度落ち着いてきたら、次は薄型軽量のものというのは、自然といったところだろうか。55インチ OLED TVの製品化に関する具体的な日時や価格などは、まだ未定とのこと。しかし、一般の家庭において、そこまでの薄型化が必要かどうかはともかくとして、店頭に並んだら、とりあえずは眺めてみたいテレビになるのは確かだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ