火災から貴重な人命を守ります!

1281

地震、雷、火事、親父は、昔から怖いものの代表と言われています。確かに東日本大震災は、地震の怖さを私たちにまざまざと見せつけました。次に怖いものといえば、私は火事だと思います。冬になると空気が乾燥して、思わぬところから火災が発生してしまいます。懸命な消火活動にもかかわらず、貴重な人命を失うこともあります。地震に伴って火災が発生することも多いです。

火災から一命と取り止めるためには、最初の5分間で勝負が決まると言われています。この5分間で「5aver Fire Breathing Mask」を手にしていれば、多くの人命を救出することができるでしょう。

5aver Fire Breathing Maskは、火災報知器、ランタン、呼吸マスクを兼ね備えたグッツです。壁に備え付けておいて、いざというときは、身を低くして、呼吸マスクを口に当てて脱出を図ります。照明が落ちてしまっているときにはランタンの明かりを使います。とにかく5分間が勝負なのです。煙に巻かれることなく5分間で脱出できれば生命の危険から逃れることができます。キッチンなど火の気があるとことはもちろん各部屋の壁に1つ欲しい逸品です。備えあれば憂いなしです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ