ウォーレン・バフェット氏って実際どんな人?(前編)

995
未定 詳細なし

今や投資家の中でウォーレン・バフェット氏の名前を知らない人は皆無と言っていいほどの知名度を持つこの成功者。Amazonでは700以上の彼に関する本が売られているほどだ。では、具体的に彼はどんな人柄なのだろうか。これについて探ってみた。

ウォーレン・バフェット氏の秘密を探る。

1.彼は投資の勉強に対して、非常に真面目である。

投資家というのは単純に平均的な配当金に期待しており、バフェット氏はそういう方にはIndexファウンド(有名な銘柄)をおススメします。しかし、バフェット氏が探しているようなハイリターンな銘柄を探したい場合は?その場合は、まずは勉強の準備を始め、バフェット氏が歩んできた道のりを勉強するのがベストではないだろうか。「The Intelligent Investor」を執筆したベン・グラハム氏と共にコロンビア大学で学んだ頃から彼を追い、投資について学ぶことがバフェット氏を追う一番の近道ではないだろうか。

2.その企業が有名じゃないとしても彼はいつも彼の原則に正直でいる。

1990年代後半のインターネットバブルを覚えているだろうか?あれは投資家目線から言うと、とても変わって見えた。多くの人々がほんの少しの利益などのためにインターネットバブルに関する企業の株を買っていた。あの時、バフェット氏はこの流行りの投資は避けていた。後にバフェット氏は投資家はIT系株のよろめく上昇によって惑わされ、本当にそのビジネスがお金になるかどうかも考えていなかった。と語っている。つまり、世の中で流行しているとか有名だからで決めては絶対に成功しないという彼の確固たる原則が見え瞬間なのではないか。

3.彼はトレーニングによって、コミュニケーションスキルを向上させていった。

投資のお金を得るためには、彼は収入とプロフェッショナルスキルの向上が必要不可欠だということを知っていた。20代前半の時、会話のスキルを向上するためのコースを取っている。さらに、スキルを向上させるために大学の講師も行っていた。大衆演説のスキルというものはほとんど誰でも勉強し、トレーニングすれば取得可能なものなのである。驚くべきは20代前半でこれに気づき、自己投資を始めていた点である。

4.彼は毎日本を数時間は読んでいる。

バフェット氏は毎日500ページ程毎日読書しており、この読書こそが知識を蓄え、新しい知識を常に吸収する機会を与えてくれる鍵だと話している。彼は広く深く色んなタイプのものを読んでおり、毎日色々な新聞、そしてとてつもない数の将来性のある投資に関するレポートや本を読んでいる。例えば、彼はウォールストリートジャーナルとファイナンシャルタイムスを毎日読んでいる。レポートや本、新聞を毎日読むことは、複利と同じように日々色んなものを吸収させてくれて、そしてその知識がとてつもないお金を産んでくれることを彼は知っているのです。

以上「ウォーレン・バフェット氏って実際どんな人?(前編)」でした。後編に続く。

参照元:Lifehack

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ