【動画】17歳の少女をランボルギーニで学校に迎えに行く映像ですが・・・

1845

種明かしを先にしてしまえば、これはチャリティーのため。この映像の広告で得られた収益を、この17歳の少女の大学進学のための基金寄付されるようです。「ランボルギーニ アヴァンタドール」で学校に迎えに行くという「エッ?」と思わせる映像のインパクトで集客する作戦です。

コメントから解釈すると、自らも貧しい地区の出身であり、現在は成功を収めているが、故郷の貧しい子供を救済するためにひと肌脱いだということでしょうか。今一つなぜ彼女なのか、なぜ自分の財産を出さずに広告収益をあてるのかがわかりません。

たしかに、見るからにスーパーカーである「ランボルギーニ アヴァンタドール」の現場の注目度はバツグンで、彼女も興奮気味ですが、目的はそうではないはず。それとも、複数の子供たちを助ける予定があるのでしょうか。広告以外にも一般から寄付を求めているようですが、難しいかも。

似たような事例に、BBCの人気番組「トップ・ギア」のMCの一人である「リチャード・ハモンド」が、難病に苦しむ少女エミリアちゃんの夢「ランボルギーニに乗りたい」という夢をかなえる慈善事業”レイズ・オブ・サンシャイン”のドライバーを務める映像がある。動画では、車体が鮮やかなピンク色に染められていく様子から、ハモンドがヘリコプターで登場し、エミリアちゃんとのドライブが実現するまでを紹介している。きしくも使用されたのは、同じく「ランボルギーニ・アヴァンタドール」だ。これは非常にわかりやすく、この”レイズ・オブ・サンシャイン”という慈善事業にも興味がわくのだ。

その様子はこちら。

 

 

ともあれ、「ランボルギーニ・アヴァンタドール」は大活躍しているのがよくわかるのは確かだ。プリウスやフィットじゃこうは行かないだろう。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ