美しき回転体!ディスプレイが回転するノートPC

1442
¥129,800 詳細ページ

回転が密かなブームである。特に今ブームなのが、回転寿司だ。回転寿司屋は食事時になると長蛇の列となる。安くて美味くて、手軽と言う点が日本人に受け入れられているのだ。ちなみに回転寿司の元祖は、元禄産業の創業者の白石義明氏。ビール工場のベルトコンベアを見て、回転寿司を思いついたのだそう。今や回転寿司は5000億円を超える産業と言われている。

ノートパソコンの世界にも、回転の流れがやって来た。日本エイサーが開発した回転体ノートパソコン「Aspire R7」が登場したのだ。Aspire R7はディスプレイを正面、対面、回面、などなど360度回転させる事ができるノートパソコンだ。Windows8を搭載し、タッチパネルにも対応している。さらにディスプレイは取り外し可能で、ダブレット端末としても使用することが出来る。

だから何?と頭の回転が止まってしまった皆さん。私も最初はそうだった。しかし、良く考えるとディスプレイが回転すると言う事は結構便利だ。プレゼンなどで画面を相手に見せたいとき、いちいちパソコンを相手に向ける必要がない。光の関係で画面が見づらい!というときも回転させればオールOKだ。

回転寿司の次に来るのは、回転パソコンだ。こりゃエイサー!

この記事をシェア
0 0
記事のタグ