ウエイトトレーニングでウエイトをあげずに鍛える4つの方法

4462
未定 詳細なし

ウエイトトレーニングをしていて最近ウエイトが一向にあがらない、なんて体験されている方に必見な情報です。重量があがらなくても他のトレーニング方法で、時にはもっと重い重量を持ち上げられる体を作ることができます。

ここではウエイトを上げずに筋肉をつける4つの方法を紹介します。

1. ドロップセット

ドロップセットとは、自分にあった重量で理想のレップを終えた後、ウェイトを素早く減らし、減らしたウェイトで限界までレップを繰り返す。そして限界が来たら、またウェイトを減らし動作の限界まで行う方法です。ドロップセット法では、筋力アップより、筋量アップを目的としています。

gigamen_Adding_More_Weight01

2. レップを増やす

5-6レップをこなしている人は、必ず8-10レップもこなせるでしょう。しかし無理は禁物です。5-10レップが理想ですが、15-20レップこなしている人は、重量を上げることを考えたほうがよいですね。目的が筋肉を増やすことなら10レップ前後で限界の重量に挑めるトレーニングをすることです。

gigamen_Adding_More_Weight02

3. 休憩時間を減らし筋肉に集中する

ウエイトトレーニングでは、常に今鍛えている筋肉に意識を集中しながら運動することがポイントです。時折休憩は必要ですが、いつもの休憩時間を少しだけ減らして筋肉に集中してみてください。意識することによって神経が集中され筋繊維に十分に働きかけるようになるのです。そして休憩時間を減らすことによって、短時間で筋力アップすることができます。

gigamen_Adding_More_Weight03

4. 違う機械を試す

ウエイトトレーニング中に、ウエイトが増やせない場合は、他の機械を使ってみることです。トレーニングの順番を変えたり、マンネリ化に陥らないように、バリエーションを加えることも大切です。トレーニングに新たな刺激を与える事ができ、筋肉の成長にも効果的です。

gigamen_Adding_More_Weight04

毎回ワークアウトのたびに、できるかぎり重いウエイトでトレーニングすることにばかり気を取られそうだが、ウエイトにばかり注目するのではなく他にも筋肉を鍛える方法があるのだな・・・

参照元:Lifehack

この記事をシェア
0 0
記事のタグ