ランニング中のストライドレートにぴったり合った音楽を選び出してくれる「Adidas Go」

2444

今日はスピードをあげてガッツリ走りこもうと思っても、プレイリストの曲では走りのペースに合わない。逆に今日はゆっくりいこうと思ったけど、いつものお気に入りのロックはテンポがはやすぎてこれまた自分の走るペースに合わない。

・・・と、私はランニングの時よくこんなジレンマに陥って、妙にギクシャクしたストライドになってしまっている。

走っている最中に別の曲に変えるのも面倒だし、自分のストライドにしっかり合った音楽ってなかなか見つけることができない。ランニング前にその時の気分によってあらかじめ編集してプレイリストに入れるのも一案だけれども、帰宅したらすぐランニングへGO!って気分の日もある。

gigamen_Adidas_Go01

「Adidas Go」が走っている時にストライドレートを検知、音楽を自動選出

Adidas Go」アプリは、Adidasと音楽ストリーミング配信サービスを提供するSpotifyのコラボアプリ。

iPhoneのアクセロメーターを使ってランナーのストライドに合った音楽をSpotifyの膨大なミュージックデータから選び出して再生してくれる。

もちろん再生された音楽はカスタマイズ可能なので、後で自分の好きなようにプレイリストを編集することもできる。

gigamen_Adidas_Go02

タイムと一緒に「このペースで走る時この曲いいよ」とソーシャルメディアでシェアしよう

気持ちよく安定したストライドでその日の走りを終えたら、走った距離、時間、そしてAdidas miCoach Run Scoreの自分のスコア(タイム)などといった詳細レポートをチェック。走りを改善したり、友達とタイムを競ったりできる。

フルマラソンにむけて真剣に練習したい人も、これがあればストライドレートをコントロールしながらタイムをチェックできる。

Facebook、Twitter、Instagram上でシェアできるので、ランニングの好タイムをお気に入りの音楽と一緒に友達やフォロワーに自慢しよう。

このニュースを見た時、「まさにこれ!」と思わず言ってしまったほど、こんなアプリを待っていた。ランナーならきっと分かってもらえると思うが、再生中の曲とストライドを合わせるのって本当に難しい。これまでは自分が音楽に合わせていたけどこれからは音楽が自分の走りに合わせてくれる。

現在はiOSのみの対応となっているが、こんな便利でクールなアプリ、iOSだけではもったいない!ぜひ近い将来Androidにも対応してもらいたい。

参照元:NEWLAUNCHES,Adidas Go(iTunes)

この記事をシェア
0 0
記事のタグ