”Adobe Comp CC”なんてあったの?これでアドビもモバイルファーストに完全シフトかっ!?

1669
未定 詳細なし

今回は、「Adobe Live 2015」で明らかにされたアドビ史上最大ともいわれるアップデートの内容について取り上げます。

マウス・キーボードなどのインターフェースは要らなくなるかも!!

今回のアップデートによって、Ilustratorの描画速度が圧倒的に向上しGPU支援がもう当たり前になりました。また、Bootstrapのページもあっという間にできてしまうので、実際のパフォーマンスを見れば感動すること間違いありませんよ。

それに加えて、カメラ画像からブラシとパスが作り放題ですしCharacter Animatorで簡単なモーションキャプチャーもできちゃいます。

gigamen_Adobe_Live_2015_01

なお、個人的にはAdobe Shapeの写真をベクター素材化っていう所が一番気になりますね。ただ、何とな~くもったいない気がしたのはPhotoshopがフラットになりSkitchっぽくなってしまったかもしれません。

ちなみに、料金プランの詳細についてはCCコンプリートプランで月額4,980円となり、既存のCS版を持っているユーザーに関しましては7月末までに申し込むと初年度月額1,980円となるそうです。

でも個人的には、Photoshop・Illustrator・InDesignの3点セットでズバリ月々2,500円!!みたいなプランがあった方が超うれしいと思ってしまうのですが、やはり私だけでしょうか?

せめて、初年度月額1,980円を永久にしてほしいですよね。

まぁ何はともあれ、未だにCS5を使っている!!という人にとってはこのチャンスに思い切って移行しちゃってもイイのではないかと思われます。

参照元:GIZMODE, Adobe Live 2015

この記事をシェア
0 0
記事のタグ