着るエアバッグジャケット!これは安全!!

1390
未定 詳細なし

イタリアのモーターサイクル、自転車、スキー、スノーボード、乗馬向けの
プロテクターを販売するダイネーゼが、衝撃緩和するエアバッグ内蔵のツナギを発表しました。

もちろん既存のライダージャケットの中にエアバッグのような衝突緩和装置が付いていたモデルも存在はしていましたが、今回のジャケットと既存のジャケットでは大きく技術が革新しています。

いままでの安全装置のジャケットはバイクとスーツを紐のような物で連結し、転倒事故などでバイカーが道に投げ出されて時にピンが外れてエアバッグが作動する物でした。

この動作ですと、バイカーがオートバイの車体から距離が離れるまでは動作せず、道路た障害物に叩きつけられた後に動作してしまうケースもありました。

しかし今回票された『Misano 1000』はジャケット背面に衝突センサーが組み込まれており、バイカーが事故したその瞬間に自動的にエババックが機能することで、バイカーの体に深刻なダメージを与えること無く保護してくれるそうです。

150915ridersuit1

また車体とジャケットが連結されていない事で、乗り降りや友人とのバイクツーリングなどで単車の乗り換え等があってもエアバックが機能する事です。

エアバックは深刻なバイク事故の原因になるに鎖骨および首への衝撃からライダーを保護します。

価格は欧州先行発売で1,499ユーロ(約20万円)です。

このエアバッグジャケットは、最近流行っているロードレーサータイプの自転車を乗る時に着ると、死亡事故なども激減できそうですね。

参照元:gizmag

この記事をシェア
0 0
記事のタグ