エア・カナダ、トロント=イエローナイフ線を開設へ 12月から

2206

エア・カナダは12月1日からカナダ最大の都市トロントとオーロラ鑑賞ができることで知られるノースウエスト準州イエローナイフを結ぶ直行便を開設し、週3往復で通年運航します。

オーロラ鑑賞、犬ぞり、穴釣りなどを楽しめる

トロントからイエローナイフまでのフライト時間は約5時間、運航機材はカナダ製のエアバスA220型機(2クラス137席)です。

トロント=イエローナイフ直行便の開設により、エア・カナダは東部(トロント)、中西部(エドモントン)、西部(バンクーバー)の国際空港からノースウエスト準州の州都行きの直行便を運航することになります。

いわゆる「オーロラベルト」に位置するイエローナイフは冬になると、オーロラ目当ての観光客が多く訪れます。オーロラ鑑賞以外にも犬ぞり、スノーモービル、スノーシュー、穴釣りといった冬のアクティビティも楽しめます。

成田からイエローナイフまでは約15時間半

東京からエア・カナダ便でイエローナイフへ向かう場合、成田発バンクーバー行きの便に搭乗すれば、乗り継ぎは1回で済みます。成田からイエローナイフまでの移動にかかる時間は約15時間30分です。

イエローナイフはエア・カナダと提携しているカナディアン・ノース航空の拠点です。イエローナイフからノースウエスト準州のフォート・シンプソン、イヌヴィック、ノーマン・ウェルズ、ヌナブト準州のケンブリッジ・ベイ、グジョーア・ヘブン、クガールクなどへひとっ飛びすることが可能です。

<参考元>aircanada

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ