シャワールームに出現した空気のカーテン、その中でシャワーとサウナを

1452

これからぐっと気温が下がっていく。寒い時期、浴槽に浸かれるのは日本人冥利だ。シャワーで身体を洗うことが多い海外での暮らしを経験すると尚更そう。私も研修でシンガポールを訪れた時は、何も知らなかったので、とまどいを覚えた記憶も。

ところで、シャワーを使用していると、どうしても水のしぶきがあちこちに散ってしまう。これは日本のビジネスホテルでも経験した人がいるはず。ところが『エアカーテン・シャワー・キャビン(Air-curtain Shower Cabin)』があれば、空気のカーテンを創り出すので、その外が水浸しになることがなくなるのだ。

ハイテクな『エアカーテン・シャワー・キャビン(Air-curtain Shower Cabin)』の機能にはまだ続きがある。センサーはシャワーの温度を室温に合わせてくれる。その上、空気の流れを操れるということで、サウナとしての使い道もある。日本の風呂は浴槽とシャワーの組み合わせだが、そこにサウナが加われば…と思わずにはいられない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ