セーヌ川にトランポリン橋が出現する!!!・・・かも

1856

フランス・パリを流れるセーヌ川。周辺の建築物は1991年に世界遺産登録され、その光景を一目見ようとセーヌ川のクルーズには全世界から観光客が訪れています。私もパリ旅行の際にはセーヌ川に行き、美しい光景に「パリ」を感じました。

そんなフランスの観光名所セーヌ川にパリン、パリンと飛ぶ事のできる「トランポリン橋」を架ける構想が持ち上がっています。中央部のトランポリンを空気入りの3つのゴムチューブで支えると言うもの。セーヌ川に架け、いっせーぬせーと言いながら遊んで渡ろうという計画です。

このトランポリン橋Atelier Zündel Cristea氏がデザインしたもので、新たな観光名所として期待されています。しかし飛び跳ねているうちにセーヌ川にダイブしてしまう可能性や、人と人とが衝突事故を起こす可能性も否定できず、実現には数々の障害があるようです。

橋としてではなく遊び場として使用し、安全性を高める事が出来れば何とか実現できそうなトランポリン橋。せっかく練り上げたコンセプトですから、パリんと割るようなことは止めて欲しいものです。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ