地球のことを考えた万能TZOAエアモニター

1925

何もかもがウェアラブルの時代。耳に引っかけるタイプのイヤホンのようなデザインのこの小さなデバイスが万能エアモニターだとは、ちょっと見ただけでは分かりませんよね。

エアモニターというと計算機の大型バージョンといったイメージがあるので、このようなスタイリッシュなエアモニターなら誰もが利用したくなるのではないでしょうか。

クリップ式なので、バッグに、スーツに、シャツのポケットにぽちっと簡単に装着できます。落ち着いたデザインとカラーなので、ビジネスウェアでも邪魔になりません。

gigamen_Air_Monitor_TZOA02

オールマイティーなエアモニターTZOA

このウェアラブル「TZOAエアモニター」、エアモニターというくらいなので空気の質を調べることができるというのは分かるのですが、TZOAは「万能」エアモニターとのこと。他に一体何ができるのでしょうか。

  • 空気質のチェック
  • 紫外線量のチェック
  • アンビエントライトのチェック
  • 湿度のチェック
  • 気温のチェック
  • 気圧のチェック
  • LED内蔵なので空気の質によって異なるカラーで表示
  • BluetoothもしくはUSBを通じてデータ送信

gigamen_Air_Monitor_TZOA01

エアモニターもスマート化の時代

自分がチェックした様々なデータはリアルタイムで取り込まれるため、他のユーザや自分がジョギングするのに最適な場所を見つけたり、空気の美味しいキャンプサイトを探したりするのに利用することができます。

TZOAのクオリティ・センサーが分子一つ一つを計測して濃度を表示し、PM10かPM2.5かを判定します。TZOAのスマートフォンを通じて、そのデータが送信されるという仕組みです。

TZOAが良いところは、例えば部屋の空気が少し悪いと検知されたら窓を開けて換気するよう提案してくれたり、通勤の際に空気の悪いエリアを避けるよう提案してくれたり、夏の強い日差しを避けるよう注意してくれたりするところでしょう。彼女や彼氏より自分のことを気遣ってくれるデバイスではありませんか!

さらに、身近な場所で大気汚染の危険性があるホットスポットを知ることで、問題に向き合い対策を立て健康的な生活を送っていくことができます。

公害、大気汚染、環境破壊は、はるか遠い場所で起こっている決して自分に降りかかることがない問題ではなく、今や世界のどこにいようと身近に感じるべき問題です。

問題を認識すれば自分を守れるだけではなく、周りの人々、そして地球をも守れます。その手助けをしてくれるのがTZOAではないでしょうか。

参照元:uncrate

この記事をシェア
0 0
記事のタグ