インドネシア絶景へ!エアアジアがクアラルンプール=クルタジャティ線開設

2019

マレーシアの格安航空会社(LCC)、エアアジア・マレーシアは5月17日、クアラルンプール国際空港とインドネシア・ジャワ島のクルタジャティ国際空港を結ぶ直行便を週2往復で開設しました。フライト時間は約2時間です。

避暑地バンドンなどへのアクセス向上

エアアジアがクアラルンプール=クルタジャティ線を開設したことで、インドネシア国外から避暑地のバンドンや多文化が共存するチルボンといった西ジャワ州の都市を訪れやすくなりました。クアラルンプール=クルタジャティ間に直行便を飛ばす航空会社は他に存在しません(6月時点)。

クルタジャティはムアラジャヤの滝(Muara Jaya waterfall)、パンヤウェヤンの段々畑(Terasering Panyaweuyan)、美しい青緑色の湖が広がるシトゥ・シパンテン(Situ Cipanten)などの絶景スポットに近く、もしかしたら「週2往復では不足」という声が上がるかも。

インドネシア10地点に乗り入れ中

エアアジア・マレーシアは6月現在、クアラルンプールからインドネシア10地点(バンダ・アチェ、ジャカルタ、バリ島、メダン、パダン、ペカンバル、マカッサル、ジョクジャカルタ、バリクパパン、クルタジャティ)、マレーシアのペナンからジャカルタ、メダンにそれぞれ直行便を飛ばしています。

ちなみにエアアジアの子会社、エアアジアXは6月現在、クアラルンプール=東京(羽田)、大阪(関西)直行便を運航中です。フライト時間は約7時間。この夏はお得なLCCでマレーシアやインドネシアを目指してみませんか。

<参考元>newsroom

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ