POSレジもクラウドの時代?もうPOS要らないかも

2511

スーパーマーケットで店員がバーコードをスキャンし、籠を移し替えて売上登録する光景を目にします。あのレジの事を、POSレジと呼びます。POSとはPoint of Saleの略称で、売上を登録する事により売れ筋商品など販売情報を管理する事を指します。POSレジで売上情報が登録されると、その情報がサーバーへと送られます。そのサーバーから売上情報を取り出し、分析を行うのです。

POSシステムはサーバーが無ければお話になりませんし、売上を登録するPOSレジも必要です。まず、サーバーとPOSレジを必要台数購入する必要があります。さらに情報管理・分析するシステム料がかかりますから、全部で1000万程度・・・位はザラでした。その割に使い勝手が悪かったりするんですよね。こんなシステムは、金のあるチェーン店でしか導入出来ません。

小型店舗でもPOSシステムを低コストで簡単に、そして快適に使用するためにはどうしたら良いか。リクルートライフスタイルはPOSレジをクラウド化し、タブレット端末をPOSレジにしてしまう画期的なシステム「Airレジ」で、その課題に答えます。Airレジアプリをダウンロードし、商品設定など初期設定をするだけで簡単に使用できるPOSシステムで、ユーザーはタブレット端末を用意するだけでPOSシステムを利用できます。レシートプリンタやキャッシュドロワとも連携が可能で、低価格で質の良いPOSシステムとなっています。販売分析もタブレット端末、パソコンで管理する事が出来ます。

大型店舗に導入するにはカスタマイズが必要と思われるAirレジですが、小型店舗なら今すぐ使えそうですね。もうPOSレジ要らないかも。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ