ウイスキー樽で聴く音楽はどんな感じだろう?

1861

アイルランドに世界最古のウイスキー蒸留所があります。オールド・ブッシュミルズ蒸留所です。オールド・ブッシュミルズ蒸留所が設立されたのは、1608年。1608年と言えば、日本では徳川家康が江戸幕府を開き、息子である徳川秀忠に将軍職を譲り大御所として日本を治めていた時代です。本当に遥か昔ですね。

そんな由緒正しきオールド・ブッシュミルズ蒸留所の樽に目を付けたのがアメリカのヘッドホンメーカー「Grado Labs」。なんとオールドブッシミルズ蒸留所の樽をヘッドフォンにしよう!と計画を立てたのです。オールドブッシュミルズ蒸留所の許可が下り、晴れて400年の歴史と伝統を持つオールドブッシュミルズの樽を使ってヘッドホンを作ることになりました。デザインしたのは俳優のイライジャ・ウッドとミュージシャンのザック・カウイ。クールな男たちが伝統の樽を使用して作り上げたヘッドホンが「Bushmills x Grado Labs Headphone (ブッシュミルズXグラードラボヘッドホン)」なのです。

 

gigamen-BushmillsxGrado_Labs_Headphone03

 

気になるBushmills x Grado Labs Headphoneの音質ですが、海外のサイトを見ると「伝説の音」と紹介されています。適当なことを言っているような気がしなくもありません。とにかく見当がつきませんね。ウイスキー樽だけにコクのある音でしょうか。限定品のため手に入れるのは困難ですが、一度耳に装着してみたいヘッドホンです。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ