その名もヤマアラシ!美しく攻撃的な伝説のバイク

4040
£157,000詳細ページ

オートバイ最高峰のロードレースと言えばMotoGP(ロードレース世界選手権)です。F1と同様に世界各地のサーキットを転戦し、世界最速のライダーを決定します。
その世界選手権が始まった1949年の初代優勝者はレスリー・グラハム。彼が優勝時乗っていたAJS E90を改良し発展させたバイクが、このAJS ポーキュパイン(AJS Porcupine)」なのです。

ポーキュパインとはヤマアラシの事で、前傾している並列エンジンの空冷フィンがヤマアラシに似ていることから命名されました。ゼッケンとバーハンドルにレーシングマシンとしてのカッコ良さを感じます。
ヤマアラシとは背中に長く鋭い針を持つ生物。通常針を持つ生物は、身を守る為に使用するのですが、このヤマアラシはかなり攻撃的な性質で、肉食獣などには背中の針を逆立てて後ろ向きに突進するのです。

そのヤマアラシの名をつけられたAJS ポーキュパイン(AJS Porcupine)は、外観の美しさと爆音と共にコーナーを攻める攻撃性を持ち合わせています。エンジン音もポーキュパインの名の通りバインバイン言って、攻撃性を感じます。

ちなみに、この超貴重なAJS ポーキュパイン(AJS Porcupine)、オークションにかけられ15.7万英ポンド(約2,000万円)の値が付きました。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ