米アラスカ航空、トイ・ストーリー4特別塗装機を国内線で就航

1176

おもちゃたちの冒険を描いた映画と米国の航空会社がタッグを組みました。シアトルに本拠を置くアラスカ航空は6月、ディズニー/ピクサーの最新映画「トイ・ストーリー4」のキャラクターとロゴが描かれた特別塗装機を就航させました。

胴体にウッディら、主翼先端には新キャラが。

トイ・ストーリー4特別塗装機の胴体には主人公のウッディ(カウボーイ人形)、バズ・ライトイヤー、ボー・ピープのデカールが大々的に貼られています。胴体からウイングレット(主翼の先端部分)に目を移すと、最新作で初めて登場するフォーキー(先割れスプーンから作られたおもちゃ)が確認できます。過去作しか見ていない人は「あれは誰?」と不思議に思うことでしょう。

アラスカ航空とトイ・ストーリー4がタッグを組んだ特別塗装機の機体番号はN589ASです。この番号をインターネットで検索すると、シアトルとアラスカ州を結ぶフライト、米西海岸とハワイ諸島を結ぶフライトなどで使用されているのが分かります。特別塗装機の機種は航続距離5407km、座席数159席のボーイング737-800型機です。

トイ・ストーリー4は7月12日から上映開始。

日本にもトイ・ストーリーシリーズのファンは大勢います。もしあなたの身近にトイ・ストーリーが大好きな人がいて、あなた自身が米国のどこかの空港で特別塗装機に出くわしたら、スマホを取り出して機体の写真を撮って送ったり、SNSにアップしたりすると良いでしょう。米国で一足早く公開されたトイ・ストーリー4は7月12日から日本でも上映が始まります。

参照元;AkaskaAir

この記事をシェア
0 0
記事のタグ