朝時間を有効活用!30秒の作業と一夜で完成する栄養食が商品化へ

1001
3パックで12ドル(約1300円)~詳細ページ

忙しい朝、食事の準備をすることなくエネルギーを摂取でき、しかも自由時間を生み出せます。米国発、朝食代わりの栄養食『Brave Overnight Breakfast』の先行販売プロジェクトが6月下旬、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で成立しました。

朝だけで植物性タンパク質を十分摂取できる。

朝食1食分が1パックに入っている『Brave Overnight Breakfast』は商品名にあるように前日の夜に作る必要があります。作業時間はたった30秒。パックに入った材料をジャー(口の広いビン)に入れ、ミルク1カップを注ぎ、スプーンでかき混ぜ、冷蔵庫に入れて一夜寝かせます。翌朝にジャーを取り出し、食器棚からスプーンを持ってくるだけで、栄養たっぷりの朝食を取れます。

1パックには植物性タンパク質が20gも含まれています。材料のベースになっているのはチアシード、オーツ麦、ヘンプハーツの粉末です。厚生労働省の報告書によると、タンパク質の1日当たりの摂取推奨量は成人男性が60g。雑誌「anan」17年2月1日号には「動物性と植物性の比率は7:3が理想」とあるので、朝だけで植物性タンパク質を十分摂取できます。

今後の一般発売では米国外への発送も。

ミルクで作る『Brave Overnight Breakfast』はシナモン味、ココナッツ味、マカ味などが用意されていて、1パックのカロリーは420~450kcal。CLUB Panasonicによると、ツナと卵のホットサンド+コーヒー+角砂糖=457kcalなので、スプーンで食べる朝食でもそれなりの満腹感を得られるはず。好みに応じてフルーツやシリアルなどをトッピングしましょう。

作業をしながらでも食べられる栄養食の先行販売プロジェクトは既に目標額の1万8000ドル(約194万円)を調達しました。朝時間を運動や読書などに使いたいと考えている人が多いのでしょう。支援に対する見返り(パックやジャーなど)は米国にしか発送されませんが、今後の一般発売では米国外への発送も検討されています。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ