スマートTVに、Amazonが参入!「Amazon Fire TV」の実力とは

665

「Apple TV」「Chromecast」とテレビとインターネットを連携させるスマートTVに、また新たな注目アイテムが登場しました。他の先行を追随すべく、ついに「Amazon」が立ち上がりました。それが、「Amazon Fire TV」です。

特徴的なのは、音声コマンド機能を搭載した高性能STBであることです。これまでのスマートTVは、文字入力が面倒でYoutubeやHuluなどの検索がスムーズに行えませんでした。Amazon曰く、【使える】音声デバイスを搭載した唯一のスマートTVがAmazon Fire TVであると発表しています。

Amazon Fire TVはわずか1.75センチの厚みに満たない小型STB。これがあればテレビをスマートTVに変身させることが可能です。セッティングも、HDMIケーブルでテレビと接続するだけ!Wi-Fiで、インターネットにも接続できます。もちろん、映画ストリーミングサービスNetflixやHulu PLUSやYouTubeなどに対応。テレビで大量の映画コンテンツを手軽に楽しむことができます。何千もの映画タイトルから見たいムービーをチョイスでき、閲覧履歴をAmazonが分析して、あなたにオススメの映画コンテンツをお知らせしてくれます。

Amazon Fire TVはムービーだけでなく、テレビを音楽プレイヤーとして使うことも可能。さらに、専用のゲームコントローラーを使ってゲーム機にも変身します。無料ゲームも、今後数多くリリースされる予定です。また、Kindle Fireと連携させる「X-Ray」機能や、Kindle Fireをセカンドスクリーンとして使うことも可能です。例えば、タブレット端末で見ていたムービーを停止させ、リビング等の別の場所に持っていっても、テレビで続きを再生することも出来るのです!

Amazon Fire TVはすでにAmazon.comで価格99ドル(約1万円)で販売しています。日本版の発売に期待ですね!

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ