キャッシャーフリーのスーパー「Amazon Go」、2017年はじめにもオープン!

1339
gm-image-template
未定 詳細なし

「Amazon Go」はキャッシャーフリーのスーパーで、買い物客が商品を持ったまま店舗から歩き去ることができるという夢のようなプロジェクトです。

セルフサービスマシンを導入したスーパーが現れた時は、ついにここまで!と驚きましたが、Amazon Goでは、会計を行わずに欲しい商品を手にしたらそのままドアを出れば良いだけとは・・・本当にものすごい時代になりましたね。

Amazon Goでは「会計なし、行列なし、カードを探す必要もなし」

Amazonの本拠地であるシアトルに現在1店舗のAmazon Goがありますが、ここはAmazonの社員のみが利用できるテストストアとしての営業となっています。この店舗は日本のコンビニほどのサイズで、現在はパン、ミルク、チーズ、それにサンドイッチや総菜などといった保存があまりきかないものだけが販売されています。

Amazon Goの仕組みについて多くは語っていないAmazonですが、コンピュータビジョン(コンピュータの「目」をつくりだす研究分野)、センサフュージョン(よりハイレベルな認識能力を得るために様々なデータを統合的に処理するソフトウェア)、そしてディープラーニング(人の学習能力を人工知能に再現させる深層学習法、機械学習の一種)の3つがキーワードなのだとか。スーパー内にAI(人工知能)を含む様々なテクノロジーが導入されていて、買い物客の行動や目の動きさえも逃さずキャッチ、まさに近未来のストアです。

Amazon Goで買い物をするうえで必要なのは、Amazon Goのアプリのみです。買い物客はQRコードをスキャンしてから入店、買い物をするたびにRFID(電波タグ)が買い物客が手に取った各商品を認識します。

テクノロジーは驚くべき速さで進化し、どんどん便利な世の中になっているのは確かですが、テクノロジーの進化に常につきまとうのが犯罪です。RFIDが普及し、自分の情報がなんでも透き通って見えるのは怖い気もしますね。万全のセキュリティ対策で安心して買い物ができるスーパーAmazon Goの世界進出に期待しましょう。

参照元:WIRED

この記事をシェア
0 0
記事のタグ