Google ウェアラブル用プラットフォームを発表

1100

職場における昼休みの会話

部下A「Googleがいわゆるウェアラブル専用プラットフォーム「Android Wear (アンドロイドウェア)」を発表したね。これは期待できると思うな」

部下B「確かに、デジタルデバイスを身に付けていることは、現代のビジネスマンにとっては必須かもしれないね。スマートフォンだとカバンの中に入れておいて、着信に気付かないこともあるしね。上司からの重要な連絡だったら、気付きませんでしたでは済まないからね」

部下A「確かにそうだね。その点ウェアラブルであれば、身に付けているわけだから、通常は着信でもメールでも必ず気付くだろうね。

Android Wearを使ったデバイスは腕時計を中心に商品化

されていくだろうという見方が多くを占めているね」

部下B「僕は、ちょっと腕時計タイプには引っかかるところがあるんだ。スマホのいいところは、画面を見ながらメールを打ったり、写真をスワイプして見たり、それに何といってもゲームがあるよね。つまり、手元でこちゃこちゃいじることができるわけだよ。一部の大人には、今時の若者は、暇があるとスマホばかりいじっていると言われるようだけど、それがスマホのいいところでもあるんだよね。暇なときに手持ちぶさたにならずに済む」

部下A「なるほどね。でも手元に常にGoogle Nowを身に付けていると同じことだから、君もAndroid Wearの便利さに気付くときが来ると思うよ」

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ