欲しい!アップル社員に支給されたロゴ入りスニーカー

1391
落札済詳細ページ

iPod、iPhone、iPadの普及で、世界中にファンを増やし続けているアップル社。しかし、ご存じのとおりアップル社のここまでの道のりは、決して平坦ではなかった。OSの分野では完成度はともかくとして、売上ではwindowsの後塵を拝し、辛酸をなめました。さらにQuick Take(デジカメ)やPippin(ゲーム機)を開発するも大惨敗を喫し、90年代中期には売却交渉すら行われていたのです。

1997年に追放されていたスティーブ・ジョブズが復帰し、経営は徐々に好転。そして2001年のiPod販売でアップルは完全に息を吹き返したのです。相対的に見ればアップルの90年代は暗黒時代に近いと言っていいかもしれません。

そんな暗黒の90年代、社員にはスニーカーが支給されていたようです。文字通りアップルのロゴと社名が刻印されたこのスニーカーは、「Apple Logo Sneakers(アップルロゴ入りスニーカー)」としてアメリカのオークションサイトeBayに出品されていました。実際に90年代のアップルの社員がこのロゴ入りスニーカーを履いて仕事をしていたかは不明ですが、社員に支給されていた事だけは間違いないようです。

スティーブジョブズがこのApple Logo Sneakersを履いていたかどうかわかっていません。彼は直感で「必要ない」と思ったのかもしれません。アップルスニーカーを履いて「アッポー!」と32文人間ロケット砲を喰らわせるくらいしか、使い道がないのかも。でも欲しい!と言う人もきっといると思います。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ