Apple Watchの新OS登場。これでiPhoneから徐々に独り立ちしていくのかっ!?

2313
未定 詳細なし

今回は、Appleが開催中の開発者向けイベントWWDC 2015で発表されたApple Watch向けOSの新バージョン「watchOS 2」について取り上げます。

なお、watchOS 2にバーションアップしたことによってなんと、Apple Watch単体でWi-Fiにつなぐことができる様になりました。

つまり、今までわざわざiPhoneと連動させておりましたが、そういった手間をかけなくても一部の機能が使える状態が実現したというわけです。

さぁ、サードパーティはここからが本当の勝負です!!

ちなみに、Wi-Fiと直で接続できるということは電池の消費量もかなり軽減できそうですよね。

また、個人的に思ったことは今回新たに搭載された機能のTime Travelについて、何とな~くPebble Timeに似ていると感じてしまうのは私だけでしょうか?gigamen_Apple_Watch_watchOS_2_01

それに加えて、Apple WatchとiOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェアSiriの連携が更に強化されたことによって益々色々な用途が広がっていくのでは!?とかなり期待してしまいます。

ひょっとすると今後、iPhoneがない状態でもApple Watchの全機能が使えちゃう!!みたいな進化を遂げてしまうのでしょうか?

こうなってきますと、将来的にApple Watch2が登場するまでの間、機能面などにおいてどれだけ便利に改良されていくのかがとても楽しみになってきましたね。

ではまた、see~you~soon…

参照元:engadget Japan

この記事をシェア
0 0
記事のタグ