アホか偉大か!? 世界一大きいミレニアム・ファルコン

1778
未定 詳細なし

もともとは子どものおもちゃだったはずだ! 直方体にプチプチがついただけのブロック。僕はもともと外で走り回るタイプだったので、小学校3年までは無縁だったLEGOブロック。今や、「世界一大きいミレニアム・ファルコンの模型」を作れるくらい、芸術の領域に達してきた!

gigamen_Lego_Millennium_Falcon01

長さは5メートル! そのまま乗り込めるかもと思うくらいの大きさだ。

小学校3年生のときに近所にリョータくんという男の子が引っ越してきた。一つ年上の4年生なのだが、突然遊びに行った僕を快く受け入れてくれた。とは言っても、晴れているのに一緒に野球に行くわけでもない。部屋に招いて小さな四角いものを組み立て始めた。それがレゴだった。

心は武士だった僕は、最初のうちは「なんて軟弱な遊びだ」と思っていたが、やってみるとけっこうおもしろい。ただ、道具箱いっぱいのブロックを使っても、牛乳パック3本分くらいのお城しか作れなかった。

「もっとたくさんブロックがあれば、宇宙船だって作れるのに!」

そんな少年の夢を実際に実現する奴が出てくるとは思わなかった。Steininger とChris Steiningerという親子だそうだ。仕事で忙殺される私に昔話をさせてしまうくらい、アホと言えばアホだが、偉大だと言えば偉大だ。

gigamen_Lego_Millennium_Falcon02

参照元:cnet

この記事をシェア
0 0
記事のタグ