ハーブと金魚 どちらも元気なシステム水槽です

1794

大分前のことになるが、妻は狭いベランダを使ってハーブなどを栽培していた。ささやかなガーデニングだったが、思ったように育たずに苛立っていたようだ。

一方、子供たちはお祭りの金魚すくいで、おまけとしてもらった金魚を金魚鉢で飼っていた。熱帯魚を飼うような本格的な水槽を準備するわけにもいかなかったために、金魚はどうしても1か月もすると徐々に元気がなくなってきてしまう。

もし当時「Aquaponics Fish Garden (アクアポニックスフィッシュガーデン)」があれば、妻のささやかなガーデニングと子供たちの金魚飼育とがどちらもうまくいっていたであろう。つまり、魚のフンが原因で水槽内の水は徐々に汚れてしまい金魚の生活環境は悪化してしまう。しかし、植物はこれを栄養分として吸収し、水を濾過してクリーンにしてくれる。これで子供たちの金魚は元気に水槽内を泳ぎ続けられるし、ハーブも程よい栄養をとって青々と成長するというわけだ。

私は職場にもAquaponics Fish Gardenがあればいいと思っている。ハーブや小魚を目にすることは職場の潤いにつながる。職場には苦いコーヒーだけあればいいというものではない。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ