殺傷力の高いスリングショット 矢も放てるらしい

2102

平安時代から戦国時代の日本において、遠くにいる相手を殺傷する兵器は弓矢であった。弓矢に長けた者は重用され、出世したと言われている。戦国時代中期から弓矢から鉄砲に主武器が変わり、鉄砲隊をいち早く整備した織田信長が勢力を伸ばしたのである。最終的に江戸幕府を開いた徳川家康も鉄砲隊を巧みに操った。

Archer Plus Tactical Light (アーチャープラスタクティカルライト)」は非常に殺傷力の高いスリングショットである。夜間でも相手を確実に攻撃できるように、ライトが付いている。さらに、Archer Plus Tactical Lightは、本物の矢を放つ事ができるのである。非常に危険、デンジャラスなスリングショットなのだ。

日本ではもしかすると銃刀法違反になるかもしれない。それほどこのArcher Plus Tactical Lightは殺傷力が高いのだ。海外ではハンティングなどに利用されているらしい。鳥や獣、更には魚も殺傷する事ができるので、所持する場合は注意が必要だ。デンジャラスすぎる男には、売ってもらえないかもしれないぞ。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ