世界初、空気を入れて膨らませるコンサートホール、日本を巡業中

1299

巨大なジェリービーンズのようにも見えるコレ、空気を入れて膨らませるコンサートホールだ。震災被災地の人たちにエンターテインメントを提供するために、日本の建築家・磯崎新とイギリスの彫刻家Anish Kpoorが協力して作ったもの。

Ark Nova (アークノヴァ)」と名づけられたこのコンサートホールは、もちろん世界初だ。設計には音響の専門家も関わっている。座席数は500〜700席で、ステージの広さも一般的なホールと変わらない。

コンサートホールArk Novaは、現在、宮城県松原市でのイベントを終え、次の開催地へ移動中。松原市では9月27日から10月13日まで、「ルツェルン・フェスティバル アークノヴァ 松島 2013」が開催され、世界トップクラスのオーケストラや坂本龍一のコンサートが行なわれた。

イベントが終わると、Ark Novaの空気が抜かれ、折り畳まれ、トレーラーに積まれる。次の開催地がどこかは具体的には発表されていないようだが、被災した東北各地を巡業する予定になっているらしい。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ