支援すれば宇宙観測も可能!寄付で賄う宇宙望遠鏡

1072
~$1,000,000詳細ページ

米国Planetary Resources社は、クラウドファンディングサイトのKickstarterにて、皆のための宇宙望遠鏡「ARKYD」の打ち上げに向けた資金調達を無事に終えました。

さまざまな取り組みが可能なARKYD。最も単純な例を挙げると、外付けスクリーンに希望者の画像を表示し、宇宙から見た地球と記念撮影ができます。また、レンズは地球だけでなく宇宙にも向けられ、美しい星座、星雲、星の観測にも利用されます。そして、宇宙に触れられる学生を増やすべく、科学教育支援としての望遠鏡活用も予定されています。

6月いっぱいで資金調達を終えたARKYD。目標額の100万ドルは大きく上回り、実に1万7000人以上が支援の輪に加わりました。Kickstarter経由の支援を行った人々は、宇宙望遠鏡の運用がスタートしてから、支援額に応じての恩恵を受けることになります。

例えば10ドル支援していたら、望遠鏡が撮影した画像・動画にアクセスできます。そして99ドル支援していれば、5分間の観測時間を得られます。民間ならではの取り組みは多くの人に貴重な経験をもたらすはずです。他にも太陽以外の天体の画像を撮影・送信する計画もあり、今後のARKYDの動向からは目が離せません。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ