「アルマジロだから駐禁にはならないのでは?」「さっさと免許証見せなさい」「だからアルマジロだってば・・・」

1711

世界中で深刻な問題となっている都市部の駐車場不足。その解決策として韓国の技術者が考えた手段は「使用していないなら畳んでおけばいい」ということだ。

韓国科学技術院 (KAIST)緑色交通大学院の研究チームは、超小型の折り畳みEV「Armadillo-T (アルマジロ-T)」の試作車を公開した。車重450キロのこのEVは、折りたためば1.65メートルになり、平均的な駐車スペースである5メートルの、約3分の1しか使わずに済むという。また、スマートフォンで遠隔操作が可能で、360°回転させることもできる。

問題点としてはArmadillo-Tが駐車場問題を解決するには、3台の同車が1台分のスペースに収まる状況が多くならなければいけないということだ。1台だけちっちゃくなっても、使用するスペースは1台分なのだから。市販までは時間がかかるそうで、当面はゴオルフカートでの普及を目指すというが、ゴルフ場では折りたたむ必要があまりないと思います。それよりもデザインを「トランスフォーマー」っぽくすれば営業で稼げそうだけど。Armadillo-Tの走行性能は、時速60キロ、走行距離は100キロメートル。これなら街乗りのコミューターとして利用可能だろう。

 

この記事をシェア
0 0
記事のタグ