秋の枯葉にたたずむスーパーカー。落ち葉に埋まる前に脱出しないと・・・。

5867

車道の落ち葉とスーパーカーという絵はなんとも情緒がある。実際に走ったら、散歩中の人には迷惑だろうけど。公園の中っぽいけど、心配なのは車体の底、葉っぱ一枚で埋まりそうだけど。

アストンマーチン100周年を記念して、アゼルバイジャンの若手デザイナー、Samir Sadikhovの新作、「Aston Martin DBC Concept (アストンマーチンDBCコンセプト)」が発表された。たしかに同氏が2011年に発表した、「フェラーリXezri」にソックリであり、相次いで発表されるスーパーカーのテイストを盛り込みつつ、アストンマーチンのモデルに見られる伝統的なイメージをほんの少し残している。バッジを見なければきずかないほどだが、うすっぺたいグリルの形状と、フロントカウルのスリットが指摘されれば、「なるほど、アストンマーチンか?」とわかる。

Aston Martin DBC Conceptのように、デザイン会社が発表するコンセプトカーが、そのまま市販されることは少ないが、見る限りは非常に完成度が高く、実際に市販されているいくつかのスーパーカーよりも洗練されている。ただ、アストンマーチンだと言われても、違うメーカーのエンブレムを付けて発表しても、それなりのコンセプトカーになりそうである。

サミールのウェブサイトでは、Aston Martin DBC Concept等の印象的なポートフォリオをチェックできます。

この記事をシェア
0 0
記事のタグ