皮膚の痛みに「ヒーヒ~、フーフ~」嘆きながらも宇宙で任務を果たしてくるのかっ!?

1576
未定 詳細なし

今回は、宇宙空間に滞在する宇宙飛行士の皮膚に変化が起こっている!?という内容について取り上げます。

”年増アイドルおばさん”とかに教えてあげましょう!!

そう言えば以前、バラエティーの特番か何かで宇宙人って皮膚が薄い!?みたいな話が一時騒がれていませんでしたっけ?

ただ、誤解を与えたくないので前もって提言しておきたいのですが、今現在において薬事広告が規制緩和されているとはいえ、やはり個人的には皮膚が薄くなる=アンチエイジング効果が立証された!?みたいなニュアンスの表現はどうも適切ではないと思ってしまうワケです。

それと実は私、学生の頃に宇宙医学を専攻していたので少し解説を挟ませて頂きますと、今回のケースにおける人体への影響については皮膚のコラーゲンが増加する代わりに骨のコラーゲンが減少しちゃってスカスカになる恐れがあり、男性なら爺化が進み女性なら婆化が進んでしまいます。

また、重力による刺激が無い環境下で何ヶ月も滞在している間に足裏の角質が徐々に消えていくと思われますので、地球に帰還後スグ素足で歩いた瞬間あたかも健康サンダルを履いたみたいに、チクチク・ヒリヒリもしくはそれ以上の痛みが生じているはずです。

なお、骨粗鬆症を防止する対策としてはコラーゲンの原料であるグリシンやプロリンなどをこまめに摂取していると思われます。

ちなみに、表皮を厚くする為に考えられる方法としては、宇宙で思いっきり裸になってひたすら乾布摩擦するっていうのはどうですか?

参照元:GIZMODE Japan

この記事をシェア
0 0
記事のタグ